トップページ | ナノシータ株式会社

ニュース

論文発表
早稲田大学 武岡研究室の藤枝俊宣講師、鈴木翔一朗(卒業生)、西脇圭亮の論文がAdvanced Materials Technologies誌に掲載されました。 Large-sale fabrication of porous polymer nanosheets for engineering hierarchical cellular organization
S. Suzuki, K. Nishiwaki, S. Takeoka, T. Fujie, Advanced Materials Technologies, in press, DOI:10.1002/admt.201600064
2016年8月8日
早稲田大学 武岡研究室の藤枝俊宣講師、多喜川真人、西脇圭亮が10th World Biomaterials Congress (2016年5月17日-22日、カナダ モントリオール、WBC)に参加いたしました。

早稲田大学 武岡研究室の藤枝俊宣講師、多喜川真人、西脇圭亮が10th World Biomaterials Congress (2016年5月17日-22日、カナダ モントリオール、WBC)に参加いたしました。また、多喜川真人が同会で学生賞を受賞いたしました(WBC awards)。
"title", (発表者)
"Roll-to-roll fabrication of conductive polymer nanosheets for the development of ultraconformable skin-contact electrodes", (藤枝俊宣)
"Transfusion with synthetic platelet substitutes, H12-(ADP)liposomes, effectively rescues thrombocytopenic rabbits from massive hemorrhage", (多喜川真人)
"Formulation design of polymer nanosheets for controlled drug release", (西脇圭亮)
2016年7月11日
Nature Publishing Groupが発行するPolymer Journal 誌2016年7月号の表紙に藤枝俊宣講師の研究成果が掲載されました。
Development of free-standing polymer nanosheets for advanced medical and healthcare applications T. Fujie, Polymer Journal (Focus Review), Polymer Journal, 48(7), 773-780 (2016). DOI:10.1038/pj.2016.

表紙の画像はこちらからご覧になれます。

本論文では「医療応用を指向した自己支持性高分子ナノシートの創製と機能化」に関する研究成果が紹介されています。
また表紙には7月の夜空を意識した、導電性ナノシートとLEDからなる手乗りサイズの「夏の大三角形」の画像が掲載されています。
表紙デザイン:山岸健人(手のひらモデル), 岡本麻鈴(イラスト), 染谷大地(写真撮影)
協力:Dr. Francesco Greco and Dr. Virgilio Mattoli (Italian Institute of Technology)
2016年7月7日
論文発表
早稲田大学の藤枝俊宣講師の総説がPolymer Journal誌にFocus Reviewとして掲載されました。
Development of free-standing polymer nanosheets for advanced medical and healthcare applications
T. Fujie, Polymer Journal (Focus Review), in press, DOI:10.1038/pj.2016.38
2016年5月6日
論文発表
早稲田大学朝日研究室からナノシートに関する論文がPolymer Journalにて発表されました。
Interfacial effects on the crystallization and surface properties of poly(l-lactic acid) ultrathin films
2016年5月6日

事業案内

メディカル事業では、
超薄膜(ナノシート)を用いたナノ絆創膏、
リポソーム・止血剤などの
ドラッグデリバリーシステム、
バイオイメージング、
トランスフェクション試薬、
再生医療の多彩な事業領域で
研究開発を展開しています。

化粧品原料事業では、
いち早くpH応答性リポソームの
化粧品原料化を実現し、
それに続く新規原料を開発しました。
機能性をキーワードに
化粧品原料事業を展開しています。

ごあいさつ

当社は、
早稲田大学先進理工学部生命医科学科の
研究成果を事業化すべく
設立されました。

研究成果と社会の架け橋となり、
無かったものを作り出す、テクノロジーに
うらづけられた製品を創造します。

医薬品、医療機器の研究開発、
新規化粧品原料の製造など
高機能なものづくり企業です。
日本が世界をリードする先端高分子技術で
社会に貢献します。

代表取締役 大坪真也

会社情報

会社名 ナノシータ株式会社
所在地 〒169−0051 東京都新宿区西早稲田1-22-3
早稲田大学インキュベーションセンター内
資本金 2000万円
株主構成 学校法人早稲田大学 37.5%、他個人株主3名
事業内容 医薬品、医療機器、研究用試薬、
化粧品及び原料、健康食品及び原料の製造販売
設立 2007年12月19日
代表者名 代表取締役 大坪真也
社歴 2007年12月 株式会社バイオナノシータ設立
2010年10月 早稲田大学が出資、筆頭株主となる
2011年 1月 ナノシータ株式会社に社名変更
役員 取締役   武岡真司
取締役   大坪真也

主な取引先・関係先

お問い合わせフォーム

資料請求などお気軽にお問い合わせください。




所在地
〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-22-3
早稲田大学インキュベーションセンター内
連絡先
メール : info@nanotheta.com
Facebookページ
公式Facebookページはこちら

copyright ©2015 ナノシータ株式会社